ナイトアイボーテで末広二重にする方法とは

ナイトアイボーテで一重から二重になりたいと思っている方の多くには、

平行二重じゃなくても末広二重でいいのに…

なんて方もいるのでは無いでしょうか?

ナイトアイボーテで末広二重を手に入れる為のポイントと使い方のコツを紹介します。

奥二重にしてから末広二重にする

奥二重にしてから徐々に二重の幅を広くしていく方法です。

やり方使い方は難しくなるのですが、二重になるまでの時間が短いのがメリットです。

奥二重と末広二重は形としては似ていますので、徐々に広げていくだけで結果的に末広二重を手に入れることができます。

ポイントとしては目と平行にならないように斜めに向かってプッシャーを当てることです。

二重の線を変えるのは難しくいの?と疑問をお持ちの方もいると思いますが、実は、二重の線を変えるのはそんに難しく無いのです。

それよりもまぶたに線がない状態から線がある状態にするほうが難しいため、一重から比較的二重になりやすい奥二重にしてから末広二重にしていきます。

二重の幅を徐々に増やしていく期間としましては、3ヶ月で完成を目安に徐々に幅を広げていきましょう。(いきなり幅を増やしてしまっては線は定着しません。)

その他、初めから末広二重にすることも出来るが時間がかかってしまうのがデメリットとなります。こちらの方法は、まぶたが二重の線に慣れていない為、二重の線が定着するのに時間がかかってしまいます。

ナイトアイボーテの使い方のコツ

二重の幅を取りすぎないのは良くありません。

そして

二重の幅を取らなすぎないのも良くありません。

「え?」

って思いますよね。

これらの使い方のコツは矛盾しているのですが、実際に合っているのです。

理想の二重があるからと二重の幅を取りすぎることは、なかなか二重の線が定着しない原因にもなるのですが、二重の幅を取りすぎなければ、織り込む二重のまぶたがなくなってしまいますので綺麗な二重線ができなくなってしまいます。

これら幅に注意をして継続してナイトアイボーテを使用することでナイトアイボーテの効果が最大限に引く出されるかと思いますよ。

ナイトアイボーテは二重にならない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする