ナイトアイボーテの効果を出すには自分の二重の種類を確認しておこう

ナイトアイボーテは寝ている間に二重のクセをつける事ができる夜用アイプチの一つでもありますが、

ナイトアイボーテを効果的に使うためには

  1. 自信の現状のまぶたの状態
  2. なりたいまぶたの状態

これら2を確認しておくことが必要です。

ナイトアイボーテを効果的に使うためには、段階を踏んでいく必要があるからです。

まぶたの種類によっては作りにくい二重や作りにくい二重もあります。

ここではまぶたの種類に付いて解説していきます。

あなたのまぶたの種類はどれ?

一重

薄い一重、がっつり一重、分厚い一重など様々な一重の状態はありますが、目全体に重みを感じてしまうのが特徴です。

まぶたが目にのしかかってきている影響でまつげが下向きになり、黒目部分も半分ほどしか見えなかったりと、目つきが悪く、眠い印象を与えるのも一重の特徴です。

一重の問題は光源のハイライトが目に入り込まない場合です。

目にハイライトが入らないと顔の印象は悪くなります。

ナイトアイボーテを使用しても二重になるのは長い道のりになります。

奥二重

二重には3種類に分けられるうちの1つがこの奥二重です。

日本人に一番多いとされています。

目頭は一重で目尻は二重なのが特徴です。奥二重と名前が付いているから二重と思われがちですが、見た目としては一重とほぼ変わりません。よって、奥二重を目指しても後々には末広二重や平行二重を目指したくなるかと思います。

半分二重になっているから並行二重に無いやすいと勘違いされますが、一度強力なクセが付いていますので、ナイトアイボーテを使ってもなかなかラインを変更するのは難しいとされるまぶたです。

末広二重

二重には3種類に分けられるうちの2つ目がこの末広二重です。

こちらは奥二重と同じく日本人にも多いまぶたです。

奥二重より二重になっている部分が広く、目頭から二重線が入り込みますので、目が大きく見えるのも特徴です。

ナイトアイボーテを使用すると並行二重よりかは簡単につくる事ができ人気なまぶたとなっています。

平行二重

二重には3種類に分けられるうちの3つ目がこの平行二重です。

はじめから並行二重が出来ている日本人は少なく、もし平行二重の人がいたらナイトアイボーテなどのアイプチで”作っている”とも考えることが出来ます。

外国人に多いまぶたの種類でぱっちり二重なのが特徴で、目も一番大きく見えます。

目尻から目尻までの前の数ミリ上にラインが出来る理想の二重ですね。

しかしナイトアイボーテを使ってもなかなか平行二重を作ることは難しいとされているまぶたの種類でもあります。

どんなまぶたにおいても

  • ナイトアイボーテを使ったとしても
  • アイプチを使ったとしても

継続して使用しなければ二重にすることは出来ません。

まぶたの状況に応じて期間は変わってきますが、まぶたのラインを定着させることはそんな簡単にはいかないということを覚えておくと気が楽になるかとおもいますよ。

関連記事↓

ナイトアイボーテを使った人はどれくらいの期間で効果が出た?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする